宅建の資格取得の概要

宅建主任者は毎年行われる試験に合格することが資格取得への第一歩になります。10月の第3日曜日に全国で一斉に試験が行われますが、毎年1回のみの実施になります。



サイトトップ > 宅建資格取得方法

スポンサードリンク

宅建の資格取得の概要

宅建資格取得方法


宅建主任者は毎年行われる試験に合格することが資格取得への第一歩になります。10月の第3日曜日に全国で一斉に試験が行われますが、毎年1回のみの実施になります。毎回合格点は変化しますが、概ね70%の点数が獲得できれば、合格に近いと言われています。


大体1ヶ月後に合格発表が行われ、それに合格すると資格登録をすることになります。 宅建受験者は、宅建業者に働く人だけでなく、全く関係ない業種や仕事を持たない学生や主婦などもたくさんいます。


宅地または建物の取引に関して2年以上の実務経験がある人で、民法における欠格事由に当てはまらなければ、宅地建物取引主任者資格登録簿に登録されます。 その人は、登録された都道府県知事に宅建主任者証の交付を申請して交付されれば、宅建主任者として働くことができるのです。


2年間の実務経験がない人は、それと同様の知識が必要になるために、約1カ月の通信教育と2日間のスクーリングを受ける必要があり、スクーリングの最後に行われる登録実務講習修了試験に合格しなければ資格取得ができません。 この通信教育とスクーリングは有料(20000円台)で、それぞれの機関によって差がありますが、「国土交通大臣登録実務講習実施機関」でしか行われないので、どこを選んでも問題ありません。


登録実務講習を受けた後は、実務経験が2年以上ある人と変わりません。 どちらの人も、宅建の試験合格から1年以上過ぎてしまった人は、主任者証の交付申請の前に法定講習を受講しなければなりません。 資格登録の申請をしてから宅建主任者証の交付までに2ヶ月くらいかかることもあります。


宅建の資格取得の概要